スピリチュアル

他人に振り回されるな!一度きりの人生、自分の人生に責任を持とう

振り子

こんにちは、ひより(@hope_4050)です。

あなたは、自分の人生に責任を持っていますか?

「自分の人生に責任を持つ」ということは、「何が起きても自分自身の力でなんとかさせる」ということ。

「1人で生活しろ」ということではありません。

独身だとしても、「今後、どうやって生活をしていけばいいのかわからない」という状態は、自分の人生に責任を持っているとは言いません。

逆に実家に住んでいたとしても、「何が起こっても、私は自分の力でなんとかさせる」と思っているなら、自分の人生に責任を持っていると言えるでしょう。

幸せな人生を歩むためには、自分の人生に責任を持つことが大事。

誰かに頼って生きていくのは子供の時まで。

自分の人生に責任を持って、幸せな人生を歩みましょう!

↓江原さんの『幸せに生きるひとりの法則』を参考にしました。一人で生きることに不安があるなら読んでほしいです。

created by Rinker
¥1,320 (2022/12/08 11:22:09時点 楽天市場調べ-詳細)

幸せな人生のためには、自分の人生に責任を持とう

woman wearing maroon velvet plunge neck long sleeved dress while carrying several paper bags photography
Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

自分の人生に責任を持つということは、「自分の力で、自分の人生を歩んでいく」ということ。

周りに振り回されるのではなく、自分の意思で自分の人生の道を決めていくです。

自分の人生に責任を持てる人が、幸せな人生を送ることができます。

だけど「そんなこと言われても不安だよ」って思うかもしれません。

ずっと自分の意見を持たず、人に合わせていたなら、責任を持つのはすごく怖いですよね。

だけど、常に人に合わせているのも不安じゃありませんか?

だって自分は自分のことを見捨てませんが、他人はあなたのことを見捨てる可能性があります。自分の親は、あなたより先に死んでしまう確率が高いです。

今からでも遅くはありません。

これからは自分の思う通りに人生を歩んでいこうではありませんか!

結婚しても自分の人生に責任を持てないなら、常に不安になる

sad woman sitting on couch
Photo by Liza Summer on Pexels.com

結婚していても、自分の人生に責任を持たないで、家族に合わせていたら、人生楽しくないですよね。

家族だって、あなたが楽しんでいるほうがうれしいですよ。

家族も、あなたとは他人。

もしかしたら結婚相手が不倫をしてしまうかもしれません。子どもが大きくなったら、遠くに行ってしまうかもしれません。

1人になる可能性がゼロとは言いません。

結婚をしていても、自分の足で生きていけないなら、幸せな人生を送ることができませんよ。

自分の人生に責任を持っている人ほど幸せな結婚ができる

two gold colored wedding bands on book page
Photo by Caio on Pexels.com

自分の人生に責任を持っている人は、独身を貫いても、結婚をしても、幸せな人生を送ることができます。

自分を持っている人はとてもかっこいいですからね。

相手がいなくても、そんな魅力的なあなたと結婚したいと言う人は、世界中にたくさんいるでしょ。

今からでも遅くはありません。

まずは、どういう人生を歩みたいか、じっくり自己分析。

そしてあなたの進みたい人生に向かって、簡単なところから手を付けていきましょう。

まとめ:「自分の人生は自分の力で切り開く」という気持ちを持とう

photo of woman looking at the mirror
Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

自分の人生に責任を持つ」ことが、幸せな人生を歩むための基本となります。

常に他人のために生きていたあなた。今こそ他人ではなく、自分のために生きていきましょう。

私は離婚する前、専業主婦で元旦那に金銭面に頼ってたんですよね。

「自分の力で生きていけない」という状態は常に不安がありました。

私から離婚を切り出したのですが、「離婚してもいいのかどうか」ずっと悩んでしまいたよ。

でも今は自分のお金で生活できています。

もし、私が病気になったとしても、十分な蓄えがあるから子どものことも安心です。

「1人でも何とかなる」という気持ちがあると気持ちがすごく楽になります。

自分の人生に責任をもって、幸せな人生を歩んでいきましょう。

おしまい